arakan  ストリートビューで巡る寅さんロケ地の旅

 映画男はつらいよで寅さんが行った場所へ、googleストリートビューで巡ってみた。

ホーム   »  予告編から   »  とびしま街道から   »  石切神社で   »  ラストは対馬

寅さんふれあい旅

   寅さんが訪れた場所へ行ってみよう。

寅さん 第27作 浪花の恋の寅次郎

瀬戸内を船で

 船に乗って瀬戸内を移動する寅さん。 瀬戸内の多島美のなかをゆったりと移動している。
 

大崎上島の神峰山に向かって進む船

とびしま海道の豊浜の港

 寅さんが船に乗って訪れたのは、とびしま海道の豊島の豊浜というところ。
船は豊浜に入港するけど、バイをしていたのは、少し離れた大崎下島の豊町の大長(おおちょう)というところ。
大長みかんが有名です。
大崎下島というと、風待ち、潮待ちの天然の良港とされた御手洗が有名です。
豊町大長でバイをする

「やけのやんぱち日焼けのなすび」なんて言いながら豊町大長でアッパッパのバイをする寅さん。
バイを終えて、海が見える高台でアンパンを食べている。お地蔵さんと並んで座っている。
 

寅さんがバイをしていたところ

寅さんと一緒にいたお地蔵さん

 バイを終えて休んでいたのは、豊島の室原神社裏の高台。
アンパンを食べていると松坂さんが高台に上がってくる。
松阪さんと

 松阪さんがお墓参りで坂道を上がってくる。
あまりに美しい松阪さんを見て気になってしかたない寅さん。
見ず知らずの松坂さんに声をかける積極的な寅さん。
 

松阪さんと語らいながら下ってくる室原神社裏の道

鳥居の石段を下ってくる

 松坂さんが飛び越えた木の根っこは、すっかりなくなっています。
木の根っこの後のコンクリは、ループ道のコンクリで、今は淡い黄色に塗られています。
港で別れる

 港へ向かいながら話をして、松阪さんは大阪で仕事をしているらしい。
寅さんは風の吹くまま気の向くままに旅をするらしい。
ということが分かっただけで、二人は別れる。
おふみさんのテーマが流れる中、寅さんは船に乗って去っていった。  

二人が別れた桟橋

今は豊浜大橋が見える

 二人が別れた桟橋のところで、いいストリートビューがないかなと探しましたら、船からの絵がありました。
ちょうど寅さんと松坂さんを見上げているカットに近い絵です。
とびしま海道最後のカットは

 寅さんの船が港を出ていくなか、松阪さんが名残惜しそうに日傘を持った手を何度も何度も振ります。
おふみさんのテーマが流れる中、寅さんの船が去っていく。
 

寅さんの船が去っていく

瀬戸内最後のカットは大崎上島

 最後は、陽の反射が眩しい瀬戸内のカットでした。
※ ストリートビューをたくさん載っけると重くなるので少なくしています。   
ページのトップへ戻る