arakan  ストリートビューで巡る寅さんロケ地の旅

 映画男はつらいよで寅さんが行った場所へ、googleストリートビューで巡ってみた。

ホーム   »  尾小屋鉄道の金平駅   »  兼六園を巡り   »  永平寺から   »  東尋坊ではしゃぐ   »  古市駅でお別れ

寅さんふれあい旅

   寅さんが訪れた場所へ行ってみよう。

寅さん 第9作 柴又慕情

旅館でまた寅さんとニアミス

 バイを終えた寅さんは、夕暮れの犀(さい)川沿いをトボトボと旅館に向かって歩いている。
なんと歌子さんと同じ旅館に泊まっている。普通なら旅館で仲良くなるというストーリーが多い(30作とか39作とか)。
でもこの回は、寅さんが登と出会って、うるさくて
歌子さん達が、「幸せってどういうことなのかなぁ」なんて語ってるのに・・・
寅さんと歌子さんは、出会ってもいないのに良い印象がないまま別れる。  

夕暮れを旅館に向かって歩く

犀川橋

 ストリートビューは、寅さんが犀川に沿って歩いていたシーンのように道路の右端からの絵になりました。
永平寺を巡って

福井県の永平寺から京福電気鉄道永平寺線の線路沿いにあるいて、京善駅に着く  

永平寺の龍門から出てくる

京福電気鉄道 永平寺線の線路の上を歩く

永平寺の正門である龍門から出てくる歌子さん達は、いかにもアンノン族みたいに線路の上を歩いています。怒られますよ。
今は廃線となった京福電気鉄道永平寺線の線路の上を歩いていました。
ストリートビューはちとオフセットになっていますが、真ん中の赤い橋は国道です。赤い橋の右に踏切がありました。この踏切跡から手前に伸びている道が線路跡です。
京善駅でバター

京善駅前のお店で、歌子さん達は寅さんに出会う。
ちょっと気まずいことがあったけど、お店の外で一緒に記念撮影をすることに。
寅さんがチーズの代わりにバターといったもんだから、年頃のお嬢さん達は笑い転げてしまう。  

京福電鉄 京善駅跡

線路跡の勾配標

 ストリートビューのとおり線路跡は自転車道として残っています。永平寺参ロードと言います。
駅舎も歌子さんと寅さんが出会ったお店もすでに無くなっています。
ここからバターですっかり和んだ寅さんと歌子さん達の珍道中が始まって、とてもテンポが良くなり、映画を見ていて楽しい気持ちになります。
吉永小百合さんの笑顔を見ていると出演してもらって本当によかったなと思える展開です。
※ ストリートビューをたくさん載っけると重くなるので少なくしています。   
ページのトップへ戻る